総合的な判断で借りる

リボルビング支払いを適用している消費者金融が殆どですが、リボルビング払いとはまず限度額と最小返済金額を定めておき、限度額以内でお金の借り入れ、返済ができるという便利なシステムになっています。リボルビング払いは各キャッシング会社により支払い方法が異なったり、システムに違いがあったりしますので、各キャッシング会社のしきたりに気をつけましょう。

 

リボルビングシステムは借り入れ金額が増えても、毎月支払う返済金額はあまり上下しないために支払いの際の負担が軽減されます。

 

しかし借り入れ金額が嵩んだというのに毎月支払うべき金額はほぼ一定、となると返済期間が長引いており、長い目で見てみると支払う金利は高額となりますので、返済期間が満了するのを待たずに繰り上げ返済で返済をした方が総合的に得ではあります。

 

目先の支払い金額を重視するべきか、生涯の支払い金額という観点で見るか、人それぞれです。

 

今はお金に困っているからなるべく出費は少なくしたいという人は繰り上げ返済を実行せずに最長期間でのリボルビング払いを選び、出費を十年単位で見る人ならば得をするために繰り上げ返済で完済を早まらせます。最長期間での返済を選ぶと金利が元金の倍程度にもなります。

 

返済を考えて借りるなら、今の借り入れからの乗り換えとなるおまとめローンの利用を知ってください。