闇金融の詐欺手口

大手消費者金融の名を利用して、詐欺行為を働く闇金融が世の中には存在します。この様な業者は大手消費者金融との接点が全くありませんが、それを上手に匂わせ、詐欺行為により資金を集めるのです。

 

たとえば、仲介手数料の支払いを請求する詐欺手口が挙げられます。大手消費者金融の査定を融通させる見返りに、その手数料を請求してくるのです。もちろん、その様なことは実際には行われていません。接点が無い以上、融通を利かせることは不可能です。

 

詐欺行為を働く闇金融を相手にした場合、先に行動を起こしてはいけません。様々な理由をつけ、手数料や仲介料を請求してくることでしょう。

 

そこでは、融資前に支払わせるのが一般的です。そして支払いを終えれば、相手は雲隠れするのです。よって、融資前に手数料などの支払いを求められた場合には、相手を疑う必要があります。まんまと騙されれば後悔することになるため、業者のご検討は細心の注意を払って実施したいところです。

 

ところで闇金融は消費者に、どの様にして接触してくるのでしょうか。たとえば電話やチラシそれからダイレクトメールなどの手段をそれに用います。この3つは業界で横行している手段ですので、しっかりと認識しておきましょう。
もし利用してしまった際には、なるべく早めに無料相談のヤミ金解決を進めておきましょう。