金利はほぼ固定されているので気をつけよう

クレジットカードは元々ショッピングを主体にしている物であって、キャッシングというのはおまけのようなものとなっています。

 

そのためキャッシングのサービス自体はそこまでしっかりしていませんので、支払うべき利息というのはかなり多くなります。金利が18%固定になっている会社も多く、利用すると結構取られることがあります。

 

元々借りられる金額自体が小さいというのもありますが、キャッシング会社と違ってあまり重視している部分ではないことが大きいです。

 

ショッピング枠であれば色々なサービスを展開して、少しでも利用できる金額を増やす等のサービスをしてくれます。しかしキャッシングはそこまでの力がないため、専門にしている所よりも厳しい条件となります。

 

18%で借りることとなるため、一定の金額を超え始めると損をする可能性が出てきます。1万円程度であれば全く問題はありませんが、30万円位借りようとすると結構損失が大きくなる可能性もあります。

 

返済するための方法があまり多くないことに加え、無利息などのサービスが存在しないのも利息を増やす要因になっています。

 

利用する場合はとにかく小さなお金に限定することを徹底し、あまり多くのお金を借りない方がいいです。